ほんとうはこわい植物図鑑

小林正明・監修 高橋のぞむ・絵


◆内容紹介
「閉じ込めて溶かす」「栄養を盗む」「虫をあやつる」
これ全部、植物のしわざなんです。

・獲物が葉にとまったら一瞬ではさみ込んで食料にする食虫植物の「ハエトリグサ」
・少し触れただけで2年以上も痛みが続く「ギンピ・ギンピ」
・他の植物に絡みつき、寄生根を食い込ませて栄養を奪う「ネナシカズラ」
など
おそろしくも強く生き抜いている植物58種を掲載!

私たちの身近にいる植物のこわい一面や、
こんな奇妙な植物いるの!? と思わず驚いてしまうものまで、
人気イラストレーター「高橋のぞむ」のこわくてかわいい絵でご紹介。

植物たちの、こわくてかしこい生存戦略を覗いてみませんか?


◆著者について
小林正明=監修
1942年長野県生まれ。信州大学教育学部卒業。長野県内で高校教員、校長、教授を経験。
現在は伊那谷の自然を守る活動を行っている。伊那谷自然友の会会長。
監修に『ポプラディア情報館 植物のふしぎ』(ポプラ社)、著書に『花からたねへ-種子散布を科学する-』(全国農村教育協会)、『身近な植物から花の進化を考える』(東海大学出版会)などがある。

高橋のぞむ=絵
1993年北海道生まれ。生き物の絵を得意とするイラストレーター、漫画家。
一番好きな生き物はクジラ。子供のころの自由研究では手作りの動物図鑑を制作するなど、幼少期から生き物のイラストを描いている。
珍しい生き物や身近な動物を、ほっこりする”ゆるカワ”なイラストと、独特な着眼点で書かれる小ネタ満載で紹介する「つぶやきいきもの図鑑」シリーズをTwitterに掲載し、人気を博す。
著書に『世界一ゆるい いきもの図鑑』(池田書店)がある。


定価:1,080円(税込)  ISBN978-4-278-08403-0

版型:四六

ページ数:160