昆虫戯画 びっくり雑学事典

丸山宗利・文 じゅえき太郎・漫画


◆内容紹介
虫界の強力タッグがお届けする、
めくるめく虫の世界へようこそ!

カッコいい人気の虫には、完全無欠でないヒーローのように
ちょっとトホホ…な一面があったり、
嫌われ者のあの虫が、すごい特技をもっていたり…

身近なのに、じつは知られていない虫の生態を
人気昆虫学者・丸山宗利先生が解説。

イラストは、Twitterフォロワー数14万人「ゆるふわ昆虫図鑑」の作者、
じゅえき太郎氏書き下ろしの肩の力が抜けるイラストで、
じわじわニヤリとさせられます。

もっと虫が好きになる!
もっと世界が広く見える、驚きがいっぱいの一冊です。
*総ルビつきなので、お子様へのプレゼントにもぴったり!


◆著者について
丸山宗利=著
1974年静岡生まれ(生まれただけで東京育ち)。九州大学総合研究博物館准教授。専門分野はアリと共生する昆虫のほか、胸部に突起がついた昆虫ツノゼミの研究にも力を入れている。世界各地を飛び回り、珍しい昆虫を採集。虫の次に好きなのは、スタペリア連(ガガイモ亜科)の多肉植物栽培と東南アジアのコイ科淡水魚飼育だが、趣味と研究の境目が曖昧で、私生活に支障をきたしている。『昆虫はすごい』(光文社)、『きらめく甲虫』『ツノゼミ ありえない虫』(ともに幻冬舎)、など著書多数。

じゅえき太郎=漫画
1988年東京生まれ。イラストレーター、画家、漫画家。第19回岡本太郎現代芸術賞入選。入選作品は、出会った昆虫や植物を80枚以上のパネルに実寸大で描いた「ムシトリ」。つなぎ合わせるとさまざまな表情の自然が目前に広がる。身近な虫をモチーフに様々な作品を製作している。twitterで公開している「ゆるふわ昆虫図鑑」は「1日1ネタ」虫の漫画を公開し、現在SNSフォロワー数は計14万人。著書に『ゆるふわ昆虫図鑑』(宝島社)、『じゅえき太郎の昆虫採集ぬりえ』(KADOKAWA)がある。


定価:1,080円(税込)  ISBN978-4-278-08402-3

版型:四六判

ページ数:176